同行(どうぎょう)二人(ににん) №534

同行(どうぎょう)二人(ににん)
平成31年4月21日

 小中学生の皆さん、今日はお大師さんの日ですね。お大師さんは「弘法大師」。生前の名を「空海」と言いますが、その空海さんは若い頃四国中を歩いて修行を積んだと言います。その歩かれた跡が四国八十八か所、お遍路の基になったのですね。四国四県にまたがる八十八か所を全部回るとほぼ1200㎞。これを歩いて回ると50日ほどは掛かりましょう。

 歩いて回るお遍路は決して楽ではありません。回る札所(お寺)はその多くが山の上にありますからお遍路というのは山登りと言う方が当たっています。時には一日のうちに二つの山を登ったり下りたりしなければなりません。中には「遍路転がし」という難所もありますから楽しいハイキングとはちょっと違うのですね。

 上の「同行二人」とはお遍路はお大師さんと一緒という意味です。困難なことも多いお遍路の旅を励ましてくれる言葉でしょうね。お大師さんがいつも一緒にいてくれる。大変な時には助けて下さるというのが同行二人です。もう20年近くも前のこと、私もお遍路でこの同行二人、お大師さんに助けられた思い出があります。それをお話しましょう。

 歩きだして3日目くらいだったと思います。お昼近く道端の木陰で一休みして気がつくと日記帳がありません。道々思ったことなどを記した大事な手帳です。大慌てで回ってきた札所や駐在所に電話しました。すると直前にお詣りした札所に置き忘れていたことが分かりました。でも、その札所はそれを送ったりは出来ませんと言うのです。

 手帳を取りに戻る余裕がない私が困り果てていると、何と事情を知った駐在所の方が私の宿まで届けて下さるというのです。駐在所の奥さんの実家がたまたま私の宿の近くで何とその翌日そこにお出での用事があるというのです。ウソのようにラッキーな話に私はこれこそお大師さんのお蔭と思わざるを得ませんでした。


 私はお大師さんの不思議な力をいまなお忘れることができません。と同時にその不思議な力を頂けたのは私がお遍路に必死だったからだと思います。人間必死になった時は必ず誰かがその必死を助けてくれます。必ず誰かが応援してくれます。どうぞ皆さんも何かをする時には必死にして下さい。必ず誰かが助けてくれますから。
 



 どのような道を どのように 歩くとも
いのちいっぱいに 生きればいいぞ
          
           ~相田みつを~
 

 

人生は“庭掃き”だ! №533

人生は“庭掃き”だ!
平成31年4月17日

 私たちの毎日は掃除洗濯ゴミ出し庭掃きですね。掃除機で部屋をきれいにする。汚れているところがあれば雑巾で拭く。庭を掃いてきれいにする。ゴミは燃えるもの、プラスチック類、ビン缶等に分別して収集日に出します。それをしなければ家の中はたちまちゴミだらけ。あっという間にゴミ屋敷になってしまうに違いありません。

 寺も同じです。部屋掃除、庭掃き、ゴミ出しの毎日。庭掃きと言えば春のこの時期は新旧の葉が変わる時期とあって二本のクスノキが毎日大量の葉を落としています。掃いてる側から、掃いても掃いても、という言葉通りに葉を落としています。余談ながらクスノキは一年中と言ってよいほど次々に落とし物をしてくれますね。

 でも、掃いても掃いても落ちるクスノキの葉を掃いていて気づくことがありました。それは掃くという行為が無心をもたらすということです。ただ掃くという行為になり切った時は無心になっているということです。それはまさに三昧の境地です。王三昧と言われる坐禅より手っ取り早く三昧を味わえるような気がしてなりません。

 で、思いました。時々お話している「七仏通戒偈」のうち、諸悪莫作(悪いことはしない)、衆善奉行(よいことをする)は常識的な判断でもほぼ通用すると思いますが、自浄其意(自ら心を清くする)はどうしたらよいかとお思いになる方もお出ででしょうね。実は心を清らかにする手っ取り早い方法が上に述べたゴミ出し庭掃きなのです。

 ゴミ出し庭掃きに共通するのは「清らかにする」ということです。部屋や庭をきれいにするという行為がそのまま自分の心を清らかにしてくれるのです。ゴミ出し庭掃きイコール心の掃除なのです。お釈迦さまから箒一本を与えられた周利槃特(チューダパンタカ)が悟りを得られたのも庭掃きで心を清らかに出来たからに違いありません。

 修行中永平寺では毎朝法堂(はっとう)から山門までの雑巾がけがありました。また毎日午前午後草取りや庭掃きがありました。当時はそれら作務の意味が分かっていませんでしたが今にして思えばその作務は心の雑草心のゴミを取り除くためであったのです。そうです。私も皆さんもゴミ出し庭掃きに努めましょうね。
 
 
  人生はこんなものかとゴミを出す
          NHKボヤキ川柳

 
 
 
 

花の教え №532

花の教え
平成31年4月8日

 花祭りのご案内はがきに「春うらら うららの春に 咲く桜 我も生きなむ 花の教えに」という拙詠を披露させて頂きましたね。あの歌の「花の教え」とは花祭りの教え、お釈迦さまの教えというつもりですが、もう一つ文字通りの花、桜の花の教えという意味も込めました。桜の花も私たちに大切なことを教えてくれているのです。

 桜は秋に落葉して休眠に入りますが翌年春に花を咲かせるためにはその休眠を止めなければなりません。その休眠打破に必要なのが冬の寒さだというのです。この冬はさほど寒くなかったためか鹿児島だかに花咲かずに葉っぱが出た桜があったそうですね。花が咲くためには寒さが必要って修行のように思われませんか。

    水在水中互切磋    水人すべて

    人在人中相琢磨    相見互いに

    水人万物共精進    心を磨く

    花咲辛抱苦労果    花は苦労の風に咲け

 水は様々な状態様々な場所をめぐります。水はある時は雲になりある時は雨になりある時は雪になります。ある時は清流になりある時は濁流になります。私たち人間もある時は笑いある時は泣きある時は怒り嘆きます。一生の間喜び悲しみを繰り返します。水も人もそして存在する万物はすべてそれぞれがそれぞれの修行をしているのではないでしょうか。

 思うのです。人間が自ら望んで生まれてきたとするなら私たちは人間に生まれてきたことに意味と価値があるに違いないと。桜が落葉と開花を繰り返すように、そして水が雲になり雨になり雪になり時には清流時には濁流となるように、私たち人間も時に笑い時に泣きながら生きるということが修行ではないかと。

 生きることには老いと病と死がつきものです。生きることには喜怒哀楽がつきものです。この老病死と喜怒哀楽に悩み苦しみ喜び悲しみ笑ったり泣いたりして過ごす一生。私はそれこそが人間の修行ではないかと思うのです。老病死に悩み苦しみ喜怒哀楽に素直に生きる。それこそが人間の修行だと思うのです。


  人身得ること難し

 仏法()うこと()れなり
         
         ~修証義~

まんぷく藤棚 №531

まんぷく藤棚
平成31年4月1日

 NHKの朝ドラ「まんぷく」が好評のうちに終わりましたね。カップヌードルを創案した日清食品の安藤百福さんの奥様仁子(まさこ)さんをめぐる話でしたが、実は当観音寺には安藤百福さんが寄贈して下さったものがあります。それが表題の「藤棚」です。寄贈記念碑に「平成十年11月」とありますから21年前のことになります。

 藤棚は柱も梁も御影石です。柱15本、梁22本が使われていますが、ご存知の通り当院は車が直接入れる寺ではありませんから一本が何百キロもありそうな石材を運び込むだけでも大変だったろうと思います。その藤棚の下にはこれも御影石の机が二基つくられています。今更ながらその大変さを思うと有難く感謝せざるを得ません。

 でも、それでは何故安藤百福さんがこの観音寺に藤棚を寄贈して下さったのか。皆さん当然そうお思いですよね。それは安藤百福さんご夫妻が敬虔なる観音様信仰をお持ちだったからです。日清食品の工場にはすべて観音様が祭られているそうですが、それほどに安藤百福さんご夫妻は観音様のお力を信じておいでだったと言います。

 藤棚の南正面に日清食品下関工場が見えます。この下関工場にも観音様が祭られており、5年毎の周年祭には当観音寺がその祭事をさせて頂いておりますが、企業が神仏に対する祈りの気持ちを持つというのは良い製品をつくる第一歩ではないでしょうか。昨今の企業ぐるみの不正工事等を聴く度そのことを思わざるを得ません。

 先日、小月商工会の皆さんが藤棚見学にお出で下さいました。むろん中には安藤百福さん由来の藤棚があることを初めて知ったという方もお出でで大変興味深くご覧頂けたのは嬉しいことでした。これが地域の活性化につながればと願って止みません。今月中ごろには花が咲くと思います。またその頃皆さんお花見にお出で下さればと存じます。

 まんぷくに因んで安藤百福さんの「食足世平(食足りて世平らか)」という言葉を紹介させて頂きましょう。この言葉は以前このたよりで申し上げたことがあります。食が足りて初めて世の中が平和になるというのが安藤百福さんの思いだったのです。これは真実だと思います。そう思うと日本はいま本当に平和でしょうか。




食品は平和産業です

        安藤百福
 

目指せプロ №530 

目指せプロ  
平成31年3月25日

 もうすぐ4月、進学や就職を間近にしている人はそれぞれの希望に胸を膨らませていることでありましょう。どうぞその今の思いを大切に皆さん果敢に船出して頂きたいと願って止みません。進学にしても就職にしても不安がつきまとうことは当然です。しかし、それに臆することなく新しい一歩を踏み出して頂きたいのです。

 このお願いに加えてこの度は初めて仕事に就く方に私がお願いしたいことがあります。それが表題の「目指せプロ」です。実は最近、ある会社に日にち指定で品物を送ってくれるよう依頼したのですが、その日にちが全く無視されて届けられたということがありました。指定の日に意味があった私からすれば残念だったことは言うまでもありません。

 上の手違いがどの段階で起きたのかは知りませんが、少なくも受注者がチェックしそれを配送に伝えれば配送日を無視することは防げたのではないかと思います。とすると、どちらかの段階でチェック出来ていなかったということになります。チコちゃん流に言えば「いい加減な仕事してんじゃねーよ」ではなかったでしょうか。

 いま国会で審議中の厚労省の「毎月勤労統計」の不正問題は不正を承知しながら不正をしていたと言いますからチェック洩れどころではありません。統計に携わる者としての自覚欠如としか言いようがありません。この国はこの十年来とみに自分が携わる職業に対する意識、プロ意識が著しく低下したと思えてなりません。

 本題に戻ります。新しく仕事に就かれる皆さま、どうぞ与えられた仕事に一生懸命取り組んで下さい。自分の仕事は何をする仕事かを考えて下さい。何をどうすればその仕事を達成することが出来るのか考えて下さい。ミスなく仕事をするにはどうすればよいのか考えそして工夫して下さい。それはいい加減な気持ちで出来ることではありません。

 仕事のプロになること。新しく仕事に就かれる若い方々に私はそれを望んで止みません。仕事のプロを目指すこと。それは簡単にできることではありません。しかし、その努力は仕事だけにとどまりません。 その努力は間違いなくその人の人生に関わってきます。仕事のプロは人生のプロになることが出来るのです。
 
 
ただ、返す返す、初心を忘るべからず
            世阿弥
 

 

また「出生前診断」を憂う №529

また「出生前診断」を憂う
平成31年3月17日

 出生前診断のこと、このたよりでも何回かその問題点と危険性を提起してきましたが今回改めてその危険性を申し上げたいと思います。この32日、日本産婦人科学会の理事会が新型出生前診断(NIPT)の施設条件を大幅に緩める案を了承したというのです。これによって条件を満たせば産科医院でも検査が可能になり検査施設は倍増するとも言われます。

 我が国では2013年に始まったこの検査、これまでは産科医と小児科医が常勤すること、遺伝の専門外来があることなどの条件を満たす総合病院が認可施設となっていましたが、この度日産婦は従来の認可施設を基幹施設とし、今回の条件緩和で検査が可能となる産科医院等を連携施設と位置付けて診断の拡大を図ろうとしているのです。

 日産婦はこの条件緩和の理由に認可外施設の存在を挙げています。いわば闇で行われる検査をなくすためには認可施設を増やすことが必要ということでありましょう。確かに認可外の施設で相当数の検査が行われているのではないかと見られ、そこでは検査結果の説明が不十分で検査を受けた妊婦が戸惑う事態が起きていると言われます。

 しかし、それでは日産婦の思惑通り認可外施設での検査が減少すればそれでよしと言えるのでしょうか。私はこの検査の問題点はそれではないと思います。この検査の一番の問題は検査で陽性と判断された人のうち実に9割が中絶をしているということにあると思います。毎回繰り返して申し上げますが、私は中絶を選ばれる方を非難する気持ちは全くありません。

 繰り返しますが、問題はこの診断の陽性者の9割が中絶を選んでいるという事実です。この事実は出生前診断についての十分な説明や陽性者に対するフォローアップが十分でないことを意味しているのではないでしょうか。認可外施設の検査をなくすことも必要でしょうが日産婦が意識しなければならないのは陽性者への援助ではないでしょうか。

 私が最も危惧するのはこの検査が命の選別にしかなっていないという実態です。陽性者とその周囲が中絶することを何とも思わなくなった時にはこの人間社会から障害者も老人も排除されることが当たり前になるに違いありません。私たちはそんな社会が来ることを認めてよいのでしょうか。これは私そしてあなたの問題です。
 
 
木を見て森を見ず
 

 

象徴天皇考 №528

象徴天皇考
平成31年3月14日
 日本国憲法は前文のあとに「第一章 天皇」があり、その第一条に「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」とありますね。でも、皆さん、この「象徴」とは何かと考えたことがありますか。国の象徴、国民統合の象徴って何だと思いますか。

 日本国憲法が公布されて十か月後の1947年(昭和22年)8月に文部省によって発行された「あたらしい憲法のはなし」には、この象徴ということを「何か眼に見えるものがあって、ほかの眼に見えないものの代わりになって、それをあらわすときに、これを“象徴”ということばでいいあらわすのです」と説明しています。

が、国がどんな状態であるかに関わらず象徴であるとすれば私はそこに違和感を覚えざるを得ません。同じ憲法が言う「国際平和主義」「民主主義」「主権在民」が日本であると言うならば天皇はその象徴として存在しなければならないと思うのです。そして国民はその象徴天皇に倣って世界平和と民主主義を守って行かなければならないと思います。

 しかしその一方、私は日本という国は憲法に言うことのほかに象徴とすべきものを持っていると思います。それは「祈り」です。日本という国は古来自然の恵みとその脅威に感謝と畏れを忘れずその思いを祈りとしてきたと思います。「祈りの国」として存在してきた日本を象徴するものこそ「祈り」ではないでしょうか。

 その意味で現天皇・皇后両陛下はこの30年間、象徴天皇として祈りに徹して下さったと思います。祈りの国日本の象徴として世界平和を祈り国の安寧と人々の幸せを祈り続けて来て下さったと思います。先達ての天皇陛下在位30年式典での「象徴としていかにあるべきかを考えつつ過ごしてきました」というお言葉に頭下がる思いを禁じ得ません。

 陛下は上の式典の最後にも「わが国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」と言われました。私たちはこの象徴天皇に倣って世界平和と人類の共存を祈りその実践に努めなければならないと思います。私は新天皇の時代になっても日本と日本国民が祈りの国祈りの国民であり続けることを願って止みません。
 
ともどもに(たひ)らけき代を築かむと
諸人(もろひと)のことば国うちに()
 
        ~皇后陛下~